親族の範囲

冠婚葬祭の時意識する『親族』とはどこまでをいうのでしょうか。「親族」とは自分と一定の身分関係にある者の総称のことですが、法律では、①6親等内の血族②配偶者③3親等内の姻族(いんぞく)までが『親族』と規定しています。

ここで親等とは、血の繋がりの濃淡を表す尺度のことで数字が小さいほど血が濃いということにを意味します。

配偶者は婚姻届を提出している男女相互のことをいい親等はありません。また血族でもなければ次に説明する姻族でもありません。

姻族とは結婚を通じて繋がりのある者で、自分の配偶者の血族や兄弟姉妹の配偶者の事を指します。親等の計算方法は、直系血族(親や子等)では、世代をそのまま計算します。例えば、親や子供は1親等、孫は2親等になります。

傍系(ぼうけい)血族(兄弟姉妹)では、親等の計算は自分と共通の親まで遡り、そこから兄弟姉妹まで下がり合計で2親等に、甥や姪は自分からみて3親等ということになります。

これだけでは少し分かりにくいと思いますが、これを機会に自分の親族の範囲をはっきりさせてみてはいかがでしょうか。