認知する意味

結婚していない男女の間に生まれた子供の事を非嫡出子(ひちゃくしゅつし)という言い方をしますが、結婚している男女の間に生まれた子供(嫡出子(ちゃくしゅつし))と何が違うのでしょうか。

それは親子関係の成立や効果などに大きな違いがあります。

結婚している男女の間に生まれた子供(嫡出子)は、法律上夫の子供と推定されるため原則、認知の必要はありません。

しかし、非嫡出子の場合、父と母が結婚していないため、親子関係(特に父親)を成立させるには認知が必要なのです。

認知は自分の子供と認める行為なので、認知によって初めて法律上親子関係が成立します。

母親との親子関係は、分娩という事実ではっきりするので通常認知の必要はありません。

認知の効果は、子供の出生の時に遡ります。

父親が認知をしてもその子供は母親の姓を名乗り、母親の戸籍に入ります。

父親への姓の変更には家庭裁判所の許可が必要で認められると父親の戸籍に入ります。

一番重要な点は、認知された非嫡出は、認知をした父親の相続人になるということです。