成年後見制度 Ⅱ

2000年4月、これまでの禁治産・準禁治産制度が廃止され「法定後見」と「任意後見」からなる新しい成年後見制度が誕生しました。

「法定後見」は、判断能力が不十分な人が利用できる制度で、本人の意思に関係なく申立てられ、家庭裁判所が選任した後見人の判断で本人の生活を支援する制度です。

「任意後見」は、判断能力が十分あるうちに、信頼できる人を将来の後見人として選んでおいて、万が一、判断能力が低下したときに、その人にあらかじめお願いしておいた生活スタイルを実現してもらう契約のことをいいます。

「法定後見」で本人の意思を最大限取り入れることは難しいが、「任意後見」では本人の意思を最大限取り入れることができ、万が一、ボケがきても、自分が希望する老後の生活を実現し自分らしく生きていくことができます。

そのため「任意後見」は、自立型老後を目指す高齢者の「老い支度」として利用されているのが現状です。