なぜ争族といわれるのか

一般の方はあまり知らないと思いますが、まず我が国の法律によれば相続に関しては遺言で決めてもいいというのが原則です。

次に遺言を書かなかった場合の補充として法律は相続する順位(範囲)と相続する割合を決めています。(このことを法定相続といいます。)

各家庭の事情はそれぞれです。

家族構成、家庭の事情が違う中でこの法定相続を適用すれば、残された家族は少なからず苦労します。

例えば、親の跡を継いで1人家業を手伝い苦労して親の財産を増やした子供がいる場合や老親の介護を一人でしてきた子供がいる場合に、親が遺言を書かなかったばかりに他の兄弟姉妹から「みんな相続人として権利があるのだから法律に従って皆平等で分けよう。」と言われて納得するでしょうか。

「家業を一人継いで苦労したのに、なんで平等で分けるのか」、「親の介護を何一つしていない他の兄弟姉妹と同じだなんて納得できない。」と文句が出るのはあたりまえです。

しかも多くの人が遺言を残さなくても、法定相続で何とかしてくれると考えています。

「死んだあとまで、わしゃ知らん」と言う人もいます。

相続で揉めるのは亡くなった人の意思を確認することができないからです。

残された家族が相続で苦労しないよう自分の意思をはっきりと遺言という形で残しておくべきです。