代襲相続

代襲相続というのは、例えば、お父さんが亡くなって相続が開始したが、お父さんが亡くなる以前に長男が既に亡くなっていた場合、長男に子供(お父さんからすれば孫)がいれば、その子供が長男に代わって相続人になることをいいます。

これは、もし長男が生きて相続できていれば、後に子供もその財産を承継できたという期待を保護するのが公平だという考えに基づいています。

同じ考えは、兄弟姉妹にも当てはまります。親が既に他界しており、子供もいない場合、兄弟姉妹が相続人になります。

お父さんが亡くなる以前に既にお兄さんが亡くなっている場合、お兄さんに子供(お父さんからみれば甥や姪)がいれば、その子供がお兄さんに代わって相続人になります。

しかし、代襲して相続人になれるのは、相続権を失ったその者の子(お父さんからすれば孫・ひ孫等)か兄弟姉妹の子(お父さんからすれば甥・姪まで)に限られています。

先に述べた代襲相続の制度趣旨から、例えば祖父母や配偶者がお父さんが亡くなる以前に死亡していたとしても代襲相続の問題は発生しません。