遺留分とは

遺言書がない場合、民法で相続人の範囲とその相続できる割合を規定しています。すなわち、配偶者は常に相続人であり、第1順位で亡くなった人の子供、第2順位で亡くなった人の親、第3順位で亡くなった人の兄弟姉妹が相続人になります。

民法という法律で規定している相続できる割合の事を法定相続分といいますが、この法定相続分は絶対的なものではなく遺言で自由に変更することができます。

しかし、残された相続人の生活保障や共同相続人間の公平な相続を実現するため一定割合は相続人に残しておく必要もあります。この相続人に法律で保障された一定割合の相続分が遺留分です。法定相続分のうち、遺言でも勝手に減らすことが出来ない相続分が存在します。

もっとも遺留分を侵害する遺言などの財産処分が当然に無効になるかと言えばそうではなく、それ自体は有効で、遺留分を有する相続人が遺留分の権利を行使してその分を取り戻すことができるという意味で制限しているにすぎません。

遺留分の範囲は、相続人が配偶者や子の場合は遺産の二分の一、親のみの場合は、三分の一です。しかし、兄弟姉妹には遺留分はありません。