遺言は、誰でも書けるのか?

遺言をするということは、自分が書いているのが遺言であり、その内容も理解できているということが前提になります。

この遺言をするという能力(意思能力)のことを「遺言能力」といいます。

民法によれば、「遺言は15歳以上であれば誰でもすることができる。」と規定しています。

ただし、15歳以上であっても遺言能力のない人の書いた遺言書は効力を生じません。つまり無効になります。

この遺言能力は、遺言時に存在していることが必要で、遺言能力が争われている裁判例のほとんどが、高齢者、特に認知症患者の遺言書です。

認知症といってもその程度の差がありますから、軽い場合は遺言をすることができる場合ももちろんあります。

しかし、死後争いがおきないように判断能力があり、元気な時に書いておくのが遺言書です。