共同相続した預金債権について(重要)

共同相続された預金債権は遺産分割の対象になる。

平成28年12月19日、最高裁判所大法廷において「共同相続された普通預金債権、 通常貯金債権及び定期貯金債権は、いずれも、相続開始と同時に当然に相続分に応じて分割されることはなく、遺産分割の対象となるものと解するのが相当である」とする判断が示されました。この決定は従来の判例を変更するものです。